WORKS
WORKS
CONTACT
SUNCREA
CORPORATE BRANDING / PLANNING・CONCEPT MAKE / COPYWRITING / DESIGN
OUTLINE
担当範囲
コーポレートブランディング / コピーワーク
制作期間
3ヶ月
URL
https://sun-crea.biz/
CREDIT
  • PR,CD / 彦田 和詳
  • DR / 藤井 誠(followral)
  • C / 恩田 貴行(ランニングホームラン)
  • D / 藤田 遼

誰も創ったことがないホテルを創る会社の
第三創業期を示したスローガン開発。

株式会社サンクレアは、広島県福山市に本社を構え全国でホテル事業を経営をする会社。しかし、第一創業期ではホテル事業ではなくデニムショップの経営を行っていました。その後、ホテル事業に乗り出しますが、経営環境は悪化。そのタイミングで、数十億円の負債と共に二代目現社長の細羽社長に経営が委譲されました。代表の細羽社長にお話しを聞けば、当時の様子は凄惨極まりなかったと言います。そこからホテル事業一本に絞る決断をするも、当時のホテルはクレームの嵐。しかし、そのクレームの中から今のサンクレアを支える一つの解答が見つかります。それが『愛』という言葉。クレームには「ホテルに愛が感じられない」と書かれていたそうです。そこから細羽社長は、「愛」という言葉をキーワードにホテルの立て直しを図り、見事に成功。山のように積み上がっていた負債も10年で完済させることができ、次なる目標に向かって走り出しました。それが”誰も創ったことがないホテルを創る”という理想です。私たちランニングホームラン社が参画させていただいたのも、ちょうどこのタイミングでした。

『世界のお客様のTravel Partner』となるライフスタイルホテルブランド「NAGI」の1号店「NAGI Kurashiki Hotel & Lounge」

愛媛県松野町がサン・クレア(広島県福山市)に民間譲渡した滑床渓谷内の宿泊施設「森の国ロッジ」

経営破たんという難局を乗り越えるために、
考えに考え、さらに考え続けるスタイルこそが同社の柱。

サンクレア社のスローガンを開発するにあたり、まずは代表の細羽社長にインタビュー。サンクレア社の生い立ちから現在に至るまでの経緯はもちろん、代表の細羽社長の胸の内にある理想についてもお話しを聞きました。また、実際に現場を指揮している複数の社員にもインタビューを実施。会社について、会社のスタイルについて、実際のホテルについて。現場だからこそ聞こえる、リアルな声を拾い集めていきました。その結果、見えてきたのが『自ら考える』という共通項でした。代表の細羽社長はもちろん、すべての社員が自ら率先して企画・サービスの在り方について考えている。社長に答えを聞かず、むしろ社長を動かしていく主体性が感じられました。そこから紐解かれたのが『THINK』という言葉です。しかし、一つのTHINKではなく、この会社は一人ひとりがTHINKし続けています。そのため、スローガンは『THINK HOTEL,THINK HEART / 考えよう、愛されるホテルとは何か。』とつけさせていただきました。HEARTに込められた意味は、もちろんサンクレアの第二創業期を支えた”愛”です。ホテルを考える。そして、愛を考える。それが、愛されるホテルづくりに繋がる、という姿勢を表しています。

その後、サンクレア社が開発するホテルの
コンセプトメイクを担当。

サンクレア社が委託を受けて開発・運営を行う『森の国』におけるコンセプト開発もお手伝いさせていただきました。そのプロジェクトにおいても、同社の”考える”というスタンスが根付いていると感じます。プロジェクトに関わる一人ひとりが、自分たちにできること、自分たちがやるべきことを考え、地元民や自然、そしてゲストたちと共生していける場所を創る。その理想的な輪の中に入ることができ、とても光栄に感じましたし、とても有意義な仕事ができたことに感謝しながら、これからも同社に貢献していきたいと思っています。