PLAY BALL!!
PLAY BALL!!
CONTACT
NEWS
PRESS

けんすう氏のNFT広告第一弾に、ランニングホームランが掲載されました

コンセプトを生み出す会社・ランニングホームラン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:恩田 貴行)は、けんすう氏(古川健介様)のXアイコンに広告を出稿いたしました。1ヶ月の期間中、けんすう氏のXアイコンの衣装・バナー画像に、当社の名前が掲載されます。

 

けんすう氏のNFT広告とは/着せ替えができるNFTならでは

アル株式会社(代表取締役:古川健介様)が運営しているNFTサービス『sloth』の「着せ替えができる」という特徴を活かした広告です。けんすう氏のXアイコンの衣装に、自社の名前を1ヶ月間掲載する権利を買うことができます。

■費用

1ヶ月:30万円〜(制作費込み)

■デザイン

以下の画像のように、Tシャツに自社の名前が掲載されます。

募集詳細はこちら:https://x.gd/oPQuj

 

応募を決めた理由/けんすう氏と当社の共通点

ランニングホームランが応募を決めた背景は、けんすう氏の著書「物語思考」と当社の考え方に共通点を感じていたことにあります。当社は、自らが快いと感じること(=快)を味わうための「コンセプト」を作っていますが、この背景にある考え方は、物語思考で書かれている、「やりたいこと(DO)よりも在り方(BE)を定めよ」という主張と大きく共通しています。そんな中今回の募集があり、「面白いものに飛びつくキャラでありたい」という人格が社内で共有されていたこともあり、募集開始から5分で応募するに至りました。

応募に至った詳細はこちら:https://note.com/ks_rhr/n/n8bea6ea6fe4c

 

ランニングホームランについて

ランニングホームラン株式会社は、クリエイティブとコーチングの力を融合させ、コンセプトを作っています。従来のブランディングワークでは、ボードメンバーや現場社員とのセッションを通じて「意見の中央値」を抽出しておりましたが、そこにコーチングや心理学のメソッドを応用することで、表層化された意見だけではなく、無意識に存在している固定観念(思い込みフィルター)の排除まで可能になりました。そして、「本当の願い(快)」を叶えるためのコンセプトを生み出し、インナーアウターの両面から、個人や法人を快放へ導くクリエイティブ×ブランディングサービスを行っています。