WORKS
WORKS
CONTACT
石福金属興業
COPYWRITING
OUTLINE
担当領域
コピーライティング
CREDIT
  • CD:吉田 法央(ジョルノ)
  • C:恩田 貴行(ランニングホームラン)
  • D:松井 北斗(hook)

石福金属興業は知る人ぞ知る、老舗貴金属メーカー。

寡黙で職人質な法人格をいかに表現するか。

純金や白銀、パラジウムなどの貴金属加工を得意とするリーディングカンパニー。それが石福金属興業社です。宝飾品をイメージしがちな貴金属ですが、実はその多くが機械等の加工品に用いられています。特に、石福金属興業社は数えきれないほど多くの製品開発に携わってきました。医療器具の先端やICチップの構成材料、自動車部品などなど。しかしながら、そういった産業界への貢献がほとんど認知されていない。当初のオーダーは、10年以上前から使用してきた会社案内の刷新というシンプルなオーダーでしたが、構成やデザインを変えるのみならず、これを機に石福金属興業社の法人格を示すツールになることをテーマに開発が進められました。

 

図や画、言葉を限界までそぎ落とし、

過度な誇張や装飾を施さない。

石福金属興業社が持つ「職人気質」という法人格を真っ直ぐに伝えていきたい。そのような考え方から生まれたのが、キャッチ、リード、写真だけで構成された、無駄な物の一切をそぎ落としたデザインです。海外からの発注も見据え、会社案内は日本語と英語が同一ページにレイアウトされる設計としましたが、それを入れても紙面は限りなくシンプルにしました。また、言葉の設計面に関してもそれは同じ。できる限り、真実をありのまま伝えること。誠実なスタンスを感じさせること。限られた文字数の中で、石福金属興業社のすべてを伝えるために、全ページの見出しキャッチは数百案のコピーを比較しながらフィッティングを行っていきました。

ストイックな職人の姿を一枚の写真だけでリアルに伝える。

多くを語らず、最小限の言葉だけで伝えるべき事項だけを伝える。