WORKS
WORKS
CONTACT
森の国
PROJECT・SERVICE BRANDING / PLANNING・CONCEPT MAKE / COPYWRITING / DESIGN
OUTLINE
担当範囲
サービスブランディング / デザイン
制作期間
6カ月
URL
https://morino-kuni.com/
CREDIT
  • CL / サンクレア
  • PR,CD / 彦田 和詳
  • DR / 藤井 誠(followral)
  • C / 恩田 貴行(ランニングホームラン)

サンクレア社が組織するクリエイティブチームの一員となり、
愛媛県松野町に佇む『森の国』リブランディングに参加。

1989年、竹下登総理がはじめた「ふるさと創生(1億円事業)」によって生まれた、森の国。全国の自治体がテーマパークやリゾートを開発する中で、松野町は「自然」に目を向けました。自分たちの町の強み、特長、誇るべきものをしっかりと認識していたのだと感じます。事実、愛媛県立図書館で拝見した松野町にまつわる資料からは、松野町に住まう人々が自ら率先して勉強会を開き、滑床渓谷の大自然をいかに学び、敬っていくか。そして後世に伝えていくか、その努力の数々が見て取れました。そして建設された『森の国ホテル』。1991年の開業と共に、雄大な自然と本格的なフランス料理を楽しめることから人気を博し、林道が大渋滞を起こすほど“本物を求める人々”が列をなしました。しかし、時代はどんどん前に進み、人々が旅に求めるものも変化。海外にも気軽に行けるようになり、観光名所も多様化した結果、森の国ホテルは衰退してしまいました。この現状を打開するために白羽の矢が立ったのがサンクレア社です。誰も創っていないホテルを創るという考えの元、森の国運営の依頼を快諾。しかし、これまで通りの運営を復活させるだけでは意味がありません。そこで結成されたのが、サンクレア社が組織するクリエイティブチーム。ランニングホームラン社は、そのチームにコピー/デザインで貢献するために参画させていただきました。

森の国の第一陣としてオープンした『水際のロッジ』。昔ながらのワイルドなロッジスタイルではなく、現代のスタイルにあったスタイリッシュ+遊び心があふれる外観に。また、宿泊スタイルも2段ベッドなどを多用した複数人で訪れることを想定したものに変更されています。

森の国という名前の通り、ここは自然の宝庫。動物こそが持ち主であり、人が部外者であるという信条にて運営。

日本最後の清流と呼ばれている四万十川の源流『目黒川』が流れており、その水辺に建つロッジであるため『水際のロッジ』と命名。

コンセプトは「森を敬う心」。初代町長の言葉を忘れずに、
森の国に元々ある想いを言語化する。

松野町では極々当たり前のこととして存在する自然を崇拝する精神性。それが、森を敬う心です。その考え方を大切にしながら、現代向けにアレンジしすぎることなく言語化する。つまり、「つくられた美」として訴求するのではなく、「つくれない美」に出会えるということを伝えていく方向性。実際に森の国に足を運ぶと、そこには手つかずの自然が待ち構えていました。折れるほどに伸びた枝、そして折れたところから生まれた新しい命。川岸には人間の何倍もある巨石がゴロゴロと転がっている世界。そんな地球本来の姿に出合うことで”価値観が変わる”ことこそが、森の国に訪れる最大のメリットであることを訴求していきました。

森の国内には、複数の施設が同居する。
その第一弾としてオープンしたのが『水際のロッジ』。

森の国には元々『森の国ホテル』と『森の国ロッジ』がありました。どちらもサンクレア社がリブランディングを行っているのですが、その際にネーミングも変更しました。そのネーミングにおける考え方も、ブランディング骨子である自然訴求軸に沿ったものとなっています。第一弾として2020年3月にオープンされたのが『水際のロッジ』。四万十川の源流である目黒川のほとりに佇むロッジであることをシンプルに伝えるために『水際のロッジ』と命名しました。

今後は、森の国リゾートにおける第二弾の施設
『森の国ホテル』のリブランディングに参画。

第一弾となる水際のロッジの開業を迎え、次なる施設は森の国ホテル。コロナによる影響で一時休業も行ったが、人々の目線が地方に移ったのも事実。リモートワークや地方移住なども活性化する新しい時代に、”自然の価値観”を新たに吹き入れていく施設として機能させていくために『森を敬う心』を中心としたリブランディングに拍車をかけていきたいと思っています。