WORKS
WORKS
CONTACT
三菱商事
PLANNING・CONCEPT MAKE / COPYWRITING / DESIGN
OUTLINE
担当領域
コピーライティング/クリエイティブ
制作期間
約4ヶ月
CREDIT
  • CD:深澤了(むすび)
  • C,DR:恩田貴行(ランニングホームラン)
  • D:松井北斗(hook)、田畑輝諭(コーニーデザイン)
  • PH:清水将之

誰もが知る三菱商事の魅力を

最大限に引き出すコンセプトとは?

三菱商事は言わずと知れた日本を代表する総合商社。国内外に数百に及ぶグループ企業を有し、近代日本を支えてきた歴史を持つ一大企業です。採用活動においても志望する学生は多くいます。その一方、魅力訴求を蔑ろにするわけにもいきません。

三菱商事の強みとは何か。それは社員一人一人が強固な意志を持って働いていること。実際に多くの社員が、目の前の仕事や与えられた業務だけをこなすだけではなく、自分の仕事が世の中の何に役立つのか?そして、どう世界を変えていくか?を考えながら働いています。

そのような姿を見る中で生まれたのが「ANSWER」というコンセプトです。三菱商事での業務というものは仕事のみならず、人生で役立つ偉大な智慧が手に入る。そのような意図を込めた新卒採用パンフレットを制作いたしました。

 

Answerの魅せ方とその模索。

社員一人一人が持ち合わせているAnswerをいかに魅力的に学生に伝えるか。当初は学生が自らの手でページを集めていく共同作業型のパンフレットを提案していました。まず、社員から集めたAnswer(仕事や人生の格言)を英語暗記用の単語帳に印刷しておきます。説明会では、学生それぞれに単語帳を綴じるリングだけを手渡し、壁に掛けられた無数のANSWERの中から選択し、自分の手で集めていく形にする。受動的に手渡されるパンフレットが多い中、三菱商事では能動的にパンフレットを作り上げていくことで、商社としての在り方や自らの仕事スタイルを行動を経て体感していく企画を検討していたのです。しかし、そこには問題点もありました。それが、説明会の度に壁に紙をかけたり、学生がその場に集まりすぎて一人ひとりに行き届かなくなる問題です。その結果、パンフレットは単語帳型から、商社らしく“売れるレベルの採用パンフレット”というテーマになり文庫本型になりました。

 

三菱商事のリアルに迫ったインタビュー。

三菱商事のリアルを届けるために、社員一人一人のAnswerを伝えたい。パンフレットの形は変わろうが、その思いは変わりません。パンフレットの内容として、社員紹介に多くのページを割くことにしました。インタビュー対象者の方には、丸の内の会議室に2日間集まってもらいました。その中には海外から帰国していただいた方も。一人一人にインタビューできる時間はたったの15分。事前のアンケートを参考に、各自の仕事を通じて見つけた人生のAnswerをお聞きしました。

 

仕上がりは売り場に並ぶ本のように。

こだわり抜いた、見た目のプレミアム感。

内容だけではなく、装丁にもこだわりぬきました。文庫本サイズの冊子体の形式に、帯や返しをつけ、売り場に並んでいてもおかしくはない売り物感を演出。内容量は140ページにも及び、納得のいくボリューム感。三菱商事の、一流の格を表現しました。