WORKS
WORKS
CONTACT
レンタルのニッケン
RECRUIT BRANDING / PLANNING・CONCEPT MAKE / COPYWRITING / DESIGN
OUTLINE
担当範囲
採用ブランディング/コピーライティング
制作期間
3ヶ月
CREDIT
  • CD 恩田貴行(ランニングホームラン)
  • DR/C 寺本涼馬(ランニングホームラン)
  • D 岡田和朗(ありがとう)

多数の企業が一堂に会する合同企業説明会。
その中でいかに認知を獲得し、集客するか。

クライアント様は、レンタル のニッケン(以下 ニッケン)。建設機械を中心に橋梁・鉄道工事機械やイベント商品等、100万点を超える商品を取り扱うレンタル会社です。そんなニッケン様が抱えていた悩みが、合同企業説明会における集客。メインのレンタル事業はBtoBであることもあり、学生への認知度が高いとは言えない。そんな中、他社と差別化しながら興味関心を持たせ、着席を促すにはどうすればいいのか頭を悩ませていました。そこで私たちが提案したのが、合同企業説明会で配布するツールの制作です。

一般的なチラシを作り、配布するだけでは認知獲得や着席率の向上が見込めません。まずは会場内で思わず手に取り、読んでみたくなるような印象的なデザインにしようと考えました。当然、ただ目立つだけでは不十分です。内容が会社の実情に沿っていない、見た目だけのツールになってしまうと逆に志望度を下げることにもなりかねません。ニッケン様らしさをしっかりと表現しつつも、数多く集まる会社の中でも目立つツールとはどんなものか。お客様へのヒアリングをもとに、1ヶ月ほどアイディアを提案してはフィードバックをもらう日々を続け、クライアント様と共に企画を練り上げていきました。

企画を考える中で着目したのが、ニッケン独自のビジネスネーム制度。芸能人における芸名のように、仕事を行う際は本名とは別にビジネスネームを用いるというものです。社内での呼称だけにとどまらず、社外に対してもビジネスネームを用いており、名刺にもビジネスネームを印刷するという徹底ぶり。この制度に着目したのは、面白さだけが理由ではありません。ニッケンらしい想いが反映されている制度だと感じたからです。オンとオフをしっかりと分けて、どちらも充実させてほしい。入社時に自ら命名した理由や思いを忘れずに仕事に取り組んでほしい。会社はあくまで舞台で、社員には主役になりきって活躍してほしい。ビジネスネーム制度を活用すれば、そんな会社の想いまで訴求することができると考えました。

名刺紹介前のイントロ部分もポップで目を引くデザインに

簡潔にビジネスネーム制度自体の紹介も盛り込みました

ビジネスネームという独自の社内制度を活用して
目立ちながらも自由な社風を訴求する名刺集を制作

では、ビジネスネームという制度をどうツールに落とし込むか。制度自体がとてもユニークなため、奇抜な見せ方をしなくてもビジネスネームをわかりやすく伝えることができれば、他社と差別化はできるはず。初対面の人に最もわかりやすく伝えるには、普段の仕事上と同様に名刺にして渡すことではないか。そう考え、実際に使用している名刺を模した単語帳を作成することにしました。

ここまで決まれば、あとはスムーズでした。コンセプトは、ニッケンで働く人たちについて知ってもらおうという想いを込めて「ニッケンのニンゲン」に決定。デザインは、コーポレートカラーを活かしながらも目を引く色合いを意識。実際の名刺と同様のサイズにするだけでなく、表面はほぼ実際の記載内容を踏襲することでリアリティーを持たせました。裏面には命名理由を書くことで、どんな想いで働く人達が集まっているのか伝えています。最終頁には、自分のビジネスネームをつけてみようというワークを通じて、入社後の自分の姿を想起させつつ、どんな想いを持ってお客様に向き合おうかと考えさせるギミックも施しました。

試験勉強等でよく使用する単語帳のようなリング綴じを採用しており、次年度以降の修正や内容追加も容易。このリング綴じと小さめなサイズ感のおかげで、帰りの電車内をはじめ場所を選ばず読むことができます。実際に在籍する社員のビジネスネームを使用しているため、説明会や懇談会、面接等で該当社員をアテンドすれば、学生と距離感の近いコミュニケーションをとる助けにも。他社とは一線を画した外見と内容、実利性を兼ね備えたツールを制作することができました。