WORKS
WORKS
CONTACT
ココロケ
PROJECT・SERVICE BRANDING / COPYWRITING
OUTLINE
担当範囲
サービスネーミング/コピーライティング
制作期間
約2カ月
URL
https://cocoloca.jp/
CREDIT
  • CL:デイ・ナイト(NTTグループ)
  • C:恩田貴行(ランニングホームラン)
  • AD,D:田畑輝諭(コーニーデザイン)

コロナによる空間レンタルやイベント需要の変化。
ロケーション事業に希望の光が差し込む。

大手町スクエアや秋葉原UDXなど、大型施設を中心とした不動産マネジメントを手掛けているデイ・ナイト社。NTTグループが所有する様々な大型施設の管理運営を手掛けており、施設内にある空間のレンタル事業やシェアオフィス運営、そして施設内のコンビニ運営など幅広い事業を担っています。

『ココロケ』は、そのような施設の管理運営事業から派生した事業「ロケーションサービス」に付随するサービスです。

NTTグループが保有する大小さまざまな施設を、TVやドラマ、映画撮影のロケ地として貸し出し、撮影内容に準じる施設の手配はもちろん、撮影意図に基づく空間提案までも行う事業。映像制作にまつわる人のみがターゲットという非常にニッチなサービスではありますが、映像制作業界には無くてはならない存在。特に、デイナイト社が管理運営を手掛ける施設はスタイリッシュな大型ビルやヘリポートのある施設の他、昭和レトロな雰囲気を醸し出す施設など、豊富なバリエーションを誇っているため多くの撮影に使用された実績がありました。

映像制作業界でNo. 1の知名度を誇るデイナイト社。
“ロケ地一括検索サイト”で作品作りに貢献。

映画・ドラマなどで、スタジオの外へ出て自然の景色や町並みを背景に撮影するロケーション。シーンに最適なロケ地で撮影をすることは、作品そのもののクオリティーを左右すると言っても過言ではありません。そのため、制作の舞台裏では多くのスタッフたちが夜通しで資料を集めてロケ地を探しています。しかし、撮影における制約が厳しい施設も多く、撮影地選びにも一苦労する…というケースも多々あるようです。そんなロケーション準備に頭を抱える映像制作業界において、全幅の信頼を置かれているのがデイ・ナイト社のロケーションサービスです。映像制作会社にロケ地として自社所有の大型施設を紹介し、撮影当日もつきっきりで進行をサポート。業界知名度No. 1の優良ロケーション会社としての地位を築いています。

そんなロケーション事業を、もっと多くの制作会社に有効活用してもらえるように、デイ・ナイトは“ロケ地一括検索サイト”をローンチすることになりました。そのコンセプトメイク並びにサービスネーミングでRHRにお声掛けいただいたのがプロジェクトのきっかけとなります。

ココロのこもった、ロケ地ナビ 『ココロケ』

社員の方々のヒアリングを通してわかったロケーション事業の最大の魅力。それは“ホスピタリティの高さ”でした。先述したようにロケ地紹介から撮影当日までの一貫したサービスはもちろんのこと、制作サイドのことを考えたプロ目線のアドバイスまでもしてくれる。たとえばヘリポート一つとっても、「H」と描かれた場所は離着陸が可能ですが、「R」と描かれた場所はレスキューの際にホバリングすることしかできません。そのような制約も理解した上で、映像制作班の意図をくみ取ってロケーションを逆提案していく。施設クオリティのみならず、ソフト面でも手厚いサポートを行う姿勢、それがデイ・ナイト社の信頼に繋がっているのだと感じました。

『ココロケ』。デイ・ナイトのロケーションサービスを端的に言い表したサービス名だということで、スムーズにこの名前に決定しました。また、サイトのユーザーとなる映像制作スタッフの間でデイ・ナイト社は圧倒的な知名度を誇っています。サービス名をユニークなものにするよりも、ロケ事業の強みであるホスピタリティをシンプルに伝える。そうした方が事業の差別化に貢献できると考えた結果、このネーミング&タグライン案が生まれました。